ホームへ 神崎紙器グループ ホームへ

段ボールってすごい!

普段何気なく私たちが目にしている段ボールは、軽量、頑丈、リサイクル率が高いなど、他にない優れた特性がたくさんあります。この特性により、段ボールは輸送包装材として世界中で最も多く利用されており、今後その需要はますます拡大するでしょう。

段ボールとリサイクル

段ボールは、その役目を終えたのち、段ボールの主原料として何度もリサイクルされています。最近ではこれらの段ボールにリサイクルマークを表示することにより、分別を容易にし、リサイクルの品質を向上させます。

様々な商品が多種多様な容器包装で供給される便利さの反面、それらが家庭ごみの排出量の増加に拍車をかけ、一般廃棄物の最終処分場が逼迫してきました。その対策として、家庭から排出される容器包装を資源として有効に利用することを目的とした容器包装リサイクル法が1997年4月に施工されました。今日、容器包装の削減(Reduce)、再利用(Reuse)、リサイクル(Recycle)、いわゆる容器包装の3R(スリーアール)は事業者が対処すべき課題となっています。

グラフ

段ボールのリサイクルは、確立されたリサイクル機構により効率的に推進されています。工場、量販店、小売店などから排出される段ボールは回収業者により直接回収が行われ、家庭から排出される段ボールは行政回収や集団回収による回収が行われています。そして専門業者により選別・圧縮された段ボール古紙は、国内市場のみならず国際的にも段ボール原紙の主原料として利用されており、段ボールのリサイクル率は既に90%を超えています。

リサイクルマーク

段ボールの原紙の主原料は段ボール古紙ですが、その他に雑誌、茶模造紙、台紙、地券・ボール、新聞など、様々な古紙が使用されています。段ボールの表面に使用するライナは、その強度を維持するために表層に一部クラフトパルプなどを使用しています。
段ボール原紙を含めた板紙全体では、古紙の利用率は92.7%に達しています。使用済み段ボールは、世界各国で段ボールの原紙の主原料として利用されている国際商品です。製紙原料として使用困難な異素材を混入させない段ボールの高品質リサイクルを推進するため、分別を用意にする段ボールのリサイクルマークを積極的に表示する事が望まれます。

段ボール教室

段ボールは何からできている

段ボールは、天然資源をリサイクルして造られます。今日、日本では使用済みの90%以上が回収され、新しい段ボール(段ボール原紙)に生まれ変わっています。段ボールはリサイクルの代表選手です。

段ボールの良い所は何

段ボールは、軽量ながら頑丈です。精巧な構造による軽量ながら優れた強さと緩衝性、荷抜きや異物混入を防止する機密性などにより、商品を目的地まで安全に保護して輸送するのに最も効率的な包装です。

段ボールの形は決まっている?

段ボールはオーダーメイドです。異なる産業の様々な商品の生産ラインでの梱包、輸送・保管時の荷扱い、物流基地・小売店・家庭での開梱、開梱後の廃棄・リサイクルまでサプライチェーンの様々な要求に応じて設計されます。

段ボールはどれくらい清潔

段ボールは、常に新品です。ワンウェイ包装だから常に新品であり、食品輸送などで留意すべき衛生問題が回避されます。

段ボールに印刷は出来る?

段ボールは、美しい印刷が可能です。商品を効果的にアピールする沈黙のセールスマンです。

段ボールはたくさん配送出来る

段ボールは、短期間に大量のデリバリが可能です。繁忙期や閑散期の在庫管理が不要で在庫スペースを削減できるとともに、高速自動包装ラインで用意に組み立てられるので生産性が向上します。

段ボールってすごい!

story

神崎紙器工業氷上事業部および関連会社を動画で紹介します。
パソコンの方
 日本語 中国語
スマートフォンの方
 日本語 中国語